excitemusic

68歳オトコの趣味・地域活動のメモ・エッセイ、及び日頃の想い
by rumando1
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:想い( 6 )

弓ー2

開学は明治35年(1902年)で、弓道部の創設年は明確でないが略同時期ではなかったかと考えられるので、100年以上の歴史がある。

戦前の活動状況は詳らかでないが、戦後は昭和30年に再発足した。後に大変熱心な指導者に恵まれたが、当時は何も判らずに見よう見まねの再スタートで、昭和33年に、京都の大会に出場したとき、出鱈目な射形で、見るに見かねた連盟のほうから、誰か指導するようにとの事で、指導してくださったのが当時同志社大学の指導もされていた、竹内先生である。

竹内先生は、戦前我々の先輩と仲良く競技をされておられ、その縁もありこころよく引き受けてくださった。以来、去る平成13年になくなられるまで、43年間師範としてご指導いただいた。生前、兵庫県弓道連盟会長にも就かれた。(続)
[PR]
by rumando1 | 2006-06-29 23:03 | 想い

鴬初鳴き

最近早起きしなくなってきた。年を取ると早起きになると言うのに、そうでもない。今朝も床を離れたのは7時になってからだった。起きた途端に、同居の長男の嫁と、孫娘がきて、鴬が鳴いていると教えてくれ、戸を開けると、確かに聞こえる鴬の声。まだまだ下手くそで、「ケキョケキョ」としか聞こえない。「ホーホケッ」はまだ鳴けない。一週間ぐらい後になるだろう。それにしても今年は、いつもより遅い。どうしたのだろう、近所の環境の変化が影響したのだろうか、今年はもうだめなのかなと思っていた矢先のことで、ホッとした気持が沸いてきた。やはり春を告げる一番先は、鴬なのが、平静を取り戻す。環境の変化も、人間が心配するほど、鳥達は敏感ではないのかも。それとも鴬が図太いのか。だから場所争いをするため美声を響き渡らせるのか。いろいろ考える。
昨日はボランティアの会議で、議論が沸騰したが、人間の方が、鴬の図太さを習わねばならないのか。
[PR]
by rumando1 | 2006-03-10 20:44 | 想い

議論に於ける「手段と目的」

  たとえば、大阪から東京へ行くとき、新幹線に乗って行くか、飛行機で行くか、車で行くか、いろいろ方法がある。東京へ行く事が目的で、新幹線・飛行機・車は手段である。

  ある目的のためある手段を講じる時、この目的と手段が混乱する事が多々ある。東京へ到達するという目的についての議論の最中に、どの手段で行くのかが論じられる時、あたかも手段を講じる議論が議論の目的になってしまっているのをよく経験する。何のために東京へ行くのかと言う目的論が、脇に追いやられ、議論が尽くされないのだ。手段の議論に力を費やしてしまって、肝心の目的の議論が疎かになるのだ。

  確かに目的達成のため、手段の選択は重要で、議論を尽くすべきだが、それが議論の目的に成ってしまってはならない。目的が明確に議論確認されないと、そのために講じる手段もあやふやなものになる。先の例で、東京に行く目的が明確にならないと、新幹線を使うべきか、飛行機を使うべきか、車を使うべきか、明確にならないのである。
[PR]
by rumando1 | 2006-03-03 20:53 | 想い

長期にわたり書き込み無く失礼いたしました。

何ヶ月も書き込まずに今日になってしまった。書き込みを再会しますが、切っ掛けになったのは、素晴らしい方との出会いです。決して強制的でなく、、ブログなる物の楽しみ方を、再認識させていただきました。
感じたこと、目にしたこと等等、綴って行くつもりです。
[PR]
by rumando1 | 2006-02-02 20:53 | 想い

さつき

5月14日が誕生日。
いちばん気持のよい時候だ。
性格は楽天的(能転気?)。
マイブログの背景も替えてみた。
[PR]
by rumando1 | 2005-05-01 09:26 | 想い

鉄道事故

 鉄道技術は、人柱工学だと聞いた。
 鉄道の恩恵は計り知れないものがあり、日頃その便宜さに浴しながら、その便宜を与えてくれた人のことは余り考えた事が無い。今度の大きな事故も、世の非難の対象になっているが、これを機に又安全性が高まり、今後それに浴する時、今度人柱になった方がたの事を思い出すべきだ。
 ただ、官から民への移行があれこれ実践されている中、官の体質を持ったまま民の面だけを被ると言う事は、これは非難されるべきで、今回の事故も私鉄では起こらないことだとも言われ、民は民で努力している事を、官が民になった時、同じように実践して欲しい。
 JRも私鉄と競って努力しているようだが、まだまだ官の体質を持ったまま民の面を被っていたのではなかったか?
 その点郵政は、もともと民の例が無いので、それと競うとはどういう事なのか、懸念が残る。
[PR]
by rumando1 | 2005-04-27 09:56 | 想い