excitemusic

68歳オトコの趣味・地域活動のメモ・エッセイ、及び日頃の想い
by rumando1
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:パーソナル( 9 )

弓ー3

弓道は武道ではあるが、弓術は戦いの武器から心身鍛錬が目的とされるようになった。華道や茶道と同じ文化だと言えないこともない。

流儀も、「小笠原流」「日置流」と大別あり、クラブでは竹内師範より「日置流」で指導を受けた。大雑把に言って、射法が異なり、「小笠原」は正面打起こし、「日置」は斜面打起こしだ。

元来、「小笠原流」が主に見た目の美しさや品位を重視するものであったのに対して、「日置流」は的中や利便性に重点を置いた実践的弓術であった。現在では、同じ「弓道」という競技において、日置流と小笠原流両者の境界線は薄くなってきている。(続)
[PR]
by rumando1 | 2006-07-06 10:07 | パーソナル

弓ー1

特にこの時期、学生時代のクラブ活動のことを思い出す。そのクラブの全学OB総会が6月に、同期会の一泊旅行が7月に、毎年あるからだ。今年の一泊は彦根に集まる。

弓道部に所属していた。昭和35年(1980年)の第4回関西学生弓道選手権大会に個人優勝した。読売新聞からも賞状をもらった。翌年、第8回近畿地区大学体育大会弓道の部の個人第1位の賞状もある。その翌年には、東西対抗(全国で16名のみ選出)に出場させてもらえた。

昭和37年に、全日本弓道連盟の参段を認許された。卒業の年に4段に挑んだが落ちた。

在学当時、学校の道場は戦災で焼かれたままで、露天で練習はできたが、試合とその練習は、王子弓道場を利用した。学校の道場再建の寄付集めもし、卒業の翌年念願の道場再建を果たした。(続)
[PR]
by rumando1 | 2006-06-27 09:11 | パーソナル

チョコレート

今朝、孫娘(2歳11ヶ月)がチョコレートを呉れた。本人はまだ口にさせてもらっていない。早速開梱し、匂いだけ嗅がせた。ニャットしていた。
[PR]
by rumando1 | 2006-02-14 09:22 | パーソナル

トリノ

今朝は3時半に起きて、BSハイビジョンの画面をスウィッチオンした。それから3時間、トリノオリンピックの開会式の中継に釘付けになった。現場で観るのとは比べ物にならないと思うが、感じは汲み取れた。聖火点灯は感激的であった。イタリア文化を感じた。
[PR]
by rumando1 | 2006-02-11 17:42 | パーソナル

ケイタイ

今まで携帯電話は持たなかった。それほど必要性を感じなかったし、追いかけられて電話を受けることに抵抗感が会った。それが遂に持つことになった。家内とセットで持つようにした。あれば便利なもので、早速外出中の家内につないで見た。距離感がなくなる感じだ。但し番号は非公開を原則にしたい。相手のためでなく、自分のためにのみ使う積もりである。メール機能も使う積もりなく、カメラは使うつもりである。
[PR]
by rumando1 | 2006-02-07 21:05 | パーソナル

長男一家と同居するようになり、孫娘が、私の書斎に自由に入れるように開けてあるが、この2歳になったばっかりの孫がパソコンのスィッチを入れることを覚えてしまった。言い聞かせるには言葉が通じないので、さてどうしたものか?
[PR]
by rumando1 | 2005-05-05 20:42 | パーソナル

老人

   ☆横井也有狂歌☆

  しはかよるほ黒か出ける背がかがむ
  頭まははける毛はしろくなる
  手はふるふ足はひよろつく歯はぬける
  耳はきこへす目はうとくなる
  身にあふは頭巾ゑりまき杖めがね
  たんほ温石しびんまごの手
  くとくなる気みじかになるぐちになる
  思い付事みなふるくなる
  聞たかる死ともなかる淋しかる
  出しやはりたかる世話やきたかる
  又しても同し咄しに孫ほめる
  達者じまんに人をあなどる

(註)横井也有は元禄15年(1702)尾張生まれの俳人。
俳文集「鶉衣」が有名。也有自身70を過ぎて己の老いを認めた上で、
老いたればこそ作ることの出来た狂歌といわれる。
  
[PR]
by rumando1 | 2005-04-22 21:44 | パーソナル

長男が転勤で一家して帰ってきた。今の家は建てなおす際、二世帯用に作ってあったので、やっとそれが適ったというものだ。
今朝散髪に出るとき、同じ方に公園があるので、嫁が孫と散歩がてら付いてきた。途中高架橋があり、孫の手を引いてやると、かなり高い階段を上りきり、喜びを顕にした。達成感を、こんな年(丁度満2歳)でも味っているのだと不思議に感心した。
末が楽しみだ。
[PR]
by rumando1 | 2005-04-13 22:39 | パーソナル

自分のサイト

趣味・地域活動を通して、人の輪をひろげたい。
今年も庭の桜が見事です。
d0025195_8511096.jpg
[PR]
by rumando1 | 2005-04-12 08:53 | パーソナル